呼吸器科医が診るCTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)の診断プロセス

Dignostic process of CTEPH

  • PE to CTEPH
  • 呼吸器科医が診るCTEPHの診断プロセス
  • 呼吸器科医が診るCTEPHの診断プロセス Vol.1

    2018.2.19更新

  • 呼吸器科医が診るCTEPHの診断プロセス Vol.2

    2018.3.5更新

  • 呼吸器科医が診るCTEPHの診断プロセス Vol.3

    2018.3.19更新

3回にわたって、呼吸器科医であり、肺循環領域に詳しい、千葉大学医学部附属病院呼吸器内科の坂尾誠一郎先生よりご解説いただきます。
今回は呼吸器科医として、急性肺血栓塞栓症、慢性肺血栓塞栓症について、さらには器質化した血栓により肺動脈が慢性的に閉塞・狭窄することで発症する「慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の病態」についてお話しいただきます。

解説・監修 千葉大学医学部附属病院 呼吸器内科 坂尾 誠一郎先生

CTEPH.jp 医療関係者の方

このサイトは、医療関係者の方を対象に、慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)に関する情報を掲載しております。
ご利用の際は、必ず注意事項をお読みください。
あなたは医療関係者の方ですか?