内科的治療の適応について

Adaptation

ガイドラインにおける内科的治療の位置付け

肺高血圧症治療ガイドライン(2017年改訂版)では、CTEPHにおける内科的治療の位置付けについて、図のように示されています1)

CTEPHに対する内科的治療は、抗凝固療法や酸素療法などが基本となりますが、PEAやBPAの適応とならない症例や、PEAやBPAの施行後に肺高血圧が残存するCTEPH症例に対しては、血管拡張療法が用いられます。
これまでは、CTEPHに対してCa拮抗薬や亜硝酸薬、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬など血管拡張療法も用いられてきましたが、これらの有効性を示すエビデンスは得られていませんでした。
CTEPHに対しては保険承認をもつ肺血管拡張薬はありませんでしたが、可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤(リオシグアト)が世界で初めて保険承認され、わが国でも、2014年1月に「外科的治療不適応又は外科的治療後に残存・再発した慢性血栓塞栓性肺高血圧症」を適応症として保険承認されています。現在、CTEPHに対する肺血管拡張薬の第一選択はリオシグアトであるとされています1)

図 CTEPHの治療アルゴリズム(推奨クラス,エビデンスレベル)

日本循環器学会. 肺高血圧症治療ガイドライン(2017年改訂版).
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2017_fukuda_h.pdf(2018年11月閲覧)

略語
CTEPH: chronic thromboembolic pulmonary hypertension:慢性血栓塞栓性肺高血圧症
PEA: pulmonary endarterectomy :肺動脈血栓内膜摘除術
BPA: balloon pulmonary angioplasty:バルーン肺動脈形成術
PH: pulmonary hypertension:肺高血圧

References
1)日本循環器学会. 肺高血圧症治療ガイドライン(2017年改訂版)

関連ページ

CTEPH.jp 医療関係者の方

このサイトは、医療関係者の方を対象に、慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)に関する情報を掲載しております。
ご利用の際は、必ず注意事項をお読みください。
あなたは医療関係者の方ですか?